メニュースキップ

SCROLL TO TOP

20180708j.jpg

 

 

「不朽の名曲」インファクトジェオプがマネージャーキム・ギョンムン氏と愉快な舞台を飾った。

 

7日午後放送されたKBS2「不朽の名曲 - 伝説を歌う」ではジョ・ヨング、パク・キヨン、ミン・ヨンギ、ユ・ソンウン、キラーグラム、ジェオプが出演した中で「幻想の相棒、幸福を歌う編」として歌手とマネージャーのデュエット舞台が描かれた。

この日の放送の最初の舞台はインファクトジェオプのマネージャーキム・ギョンムンが一緒に飾った。

本格的な舞台開始前のジェオプは「ステージをを楽しもうという趣旨であるため、今回の舞台も一生懸命楽しんでくる」と抱負を表わした。

また、マネージャーキム・ギョンムンは今回の特集の最初の志望者として「音楽専攻をしたため、利点があるようで不安も多かったが、インファクトと自分のために自信を持って出てきた」と出演きっかけを明らかにした。

二人が舞台のために選曲した曲は、イ・ムンセの「赤い夕焼け」だった。甘いボイスで原曲とはまた違った感じのグルーヴィーな「赤い夕焼け」を開始したジェオプに続いて勢いよく登場したキム・ギョンムンマネージャーはパワフルなエネルギーに視線をひきつけた。

 

出処:https://entertain.naver.com/read?oid=469&aid=0000312604