メニュースキップ

SCROLL TO TOP

 

(記事の一部を編集・翻訳)

b4de9d3d0d8e74aaa03abcc1317998fa.jpg

 

韓国企業評判研究所はボーイズグループ、個人ブランドの評判ビッグデータ分析のために2018年4月17日から2018年5月18日まで、ボーイズグループの個人445人のブランドビッグデータ165,500,889個を抽出しボーイズグループ、個人ブランドの消費者行動分析をもとに作成された参与指数、メディア指数、コミュニケーション指数、コミュニティ指数でブランドの評判指数を分析した。

 

去る4月のボーイズグループの個人ブランドの評判ビッグデータ174,398,816個比較すると51.02%減少した。

 

ブランドの評判指数は消費者のオンライン習慣がブランドの消費に大きな影響を与えていることを見つけブランドビッグデータ分析を通し作られた指標である。ボーイズグループ、個人ブランドの評判分析を通じてボーイズグループの個人ブランドの亘り否定評価、メディアの関心、消費者の関心との共通を測定することができる。

 

2018年5月のボーイズグループ個人ブランドトップ30は「Wanna One」カン・ダニエル、「Wanna One」パク・ジフン、「Wanna One」オン・ソンウ、「Wanna One」ファン・ミンヒョン、「Wanna One」ハ・ソンウ、「Wanna One」キム・ジェファン、「防弾少年団」JIMIN、「Wanna One」パク・ウジン、「EXO」KAI、「防弾少年団」JUNG KOOK、「FTアイランド」チェ・ミンファン、「Wanna One」イ・デフィ、「Wanna One」ユン・ジソン、「Wanna One」ベ・ジニョン、「防弾少年団」V、「EXO」SUHO、「Wanna One」ライ・グァンリン、「EXO」SEHUN、「THE BOYS」エリック、「ASTRO」ウヌ、「WINNER」MINO、「EXO」BAEK HYUN、「SHINee」テミン、「Highlight」ヨン・ジュンヒョン、「防弾少年団」JIN、「防弾少年団」SUGA、「IMFACT」イサン、「BIGBANG」V.I、「EXO」XIUMIN、「東方神起」ユノの順だった。

 

出処:http://v.entertain.media.daum.net/v/20180519103445682 (記事の一部を編集・翻訳)